① 不妊症 (35歳・女性)


 今年35歳になるKさんは、県内でご主人と農業を営んでおります。結婚して今年で6年になります。結婚1年目に女の子を出産しました。その後、2年目、3年目と2回ほど妊娠しましたが、残念ながら、いずれも2~3ヵ月目で流産してしまいました。

 

 Kさんは非農家(サラリーマンの家庭)に育ち、お見合いで大農家へ嫁ぎました。結婚当初から生活環境の違いに戸惑い、精神的にもかなり苦労をなされたそうです。義理の両親はおろか、近頃ではご主人との関係までもぎくしゃくし、見えないストレスが2回の流産の原因だったのかもしれないと、ご本人はつぶやいていました。

 

 Kさんは「第2子には、是非男の子を」と思っています。ご両親も農家の後継ぎとして、当然ながら男子を切望しています。しかしこの2~3年間、毎月の生理が来る度に、がっかり肩を落とし、家族の期待に添えない自分にイライラすることもしばしばでした。

 

 

< ❶ 漢 方 薬 >


Kさんには早速、芎帰調血飲(きゅうきちょうけついん)第一加減逍遥散(しょうようさん)を服んでもらいました。服んで1~2ヵ月すると、体と一緒に気分までも軽くなり、日常の些細な出来事では、気持ちも凹まなくなってきたと言います。そして、服薬8か月後、待望の妊娠が分かりました。

 現在5か月目で安定期に入り、妊娠中の養生と安胎を目的に、()(ほう)当帰(とうき)(こう)をお続け頂いています。

 来年の春が私も楽しみで、Kさんの無事のご出産を心よりお祈りしております。