⑴  耳鳴り


 耳鳴りとは周囲の音声とは無関係に、耳や頭の中で様々な音が聞こえる状態を指します。ひとによって「キーン」「ジー」「ザー」などの音が鳴っていると表現されます。一般に現代医学では治療が難しいと言われています。

 

  一方漢方では、耳は腎に通ずと言い、「腎」を補強する漢方薬服用し、機能の衰えを積極的に防止します。また近頃では、

ストレスや自律神経の乱れが原因となるケースも少なくありません。神経の高ぶりと関係の深い「肝」を調節し、過労やストレスに負けないタフな体作りを漢方薬がサポートします。

 

⑵ 飛蚊症


 虫が飛んでいるように見える目の症状に飛蚊症があります。明るい場所や空を見た時など、目の前を蚊や糸くずのようなものが浮かんで見えます。では、どうして目にこのような現象が起こるのでしょうか。

 

 私たちの目の中には、硝子体というゼリー状の透明な液体が詰まっています。外側から角膜そして水晶体を通ってきた光は、この硝子体を通り抜けて網膜に達します。そして、硝子体に何らかの理由で濁りが起こると、明るい所を見た時その影響が網膜に現れます。影は眼球の動きと共に動きまわり、不快でうっとうしく、生活の質を落とします。

 

 まずは眼科にて、網膜剥離や眼底出血など重大な病気が隠れていないことを確認下さい。器質的な異常のない場合、漢方で飛蚊症をもたらす体のタイプを見極め、お薬による体質改善を図ります。主に「」や「」など、老化現象と関わりの深い内臓のバランスを調整し、加えて「血流」の状態を見直します。漢方薬と並行し、睡眠や食養生などを積極的取り入れ、日常気にならない程度まで、飛蚊症状の改善がみられる相談者様もいらっしゃいます。

 年齢だからと諦めず、じっくりしっかり、中から整えましょう!