⑴ 糖尿病


 糖尿病は、ブドウ糖をエネルギーに変えるインスリンというホルモンが不足、又利用しにくいことで起こります。

Ⅰ型糖尿病は若年に多く、すい臓のインスリンを作る細胞が破壊され、インスリン自体が不足します。

 

一方、Ⅱ型糖尿病は成人に多く、生活習慣が大きく関与し、日本人の糖尿の95%はⅡ型です。

 血糖値が高いと尿量が増え、水分が奪われます。初期~中期には、口の渇きや皮膚の乾燥、のぼせ、ほてり感など「水分不足」の症状が現れます。また、全身倦怠や脱力感など「元気不足」の症状も現れます。

 

 糖尿病で何より恐いのは、三大合併症と呼ばれる網膜症、神経障害、および腎症です。漢方・中医学ではこれらの合併症を、血の流れが滞る「瘀血(おけつ)」による 血管病 と捉えます。

 つまり瘀血の改善が糖尿の進行を遅らせ、合併症の予防につながるわけです。

 

「投薬による血糖コントロールだけでは…」と将来の不安を抱え、漢方相談に訪れる方も少なくありません。

 まず、漢方養生の視点から、日常の偏った生活習慣を根本から見直す必要があります。質の良い食事・運動・睡眠と併せて、体質に合う漢方薬を味方に、近年、より積極的に糖尿体質と向き合う方が増えて来ております。

 

⑵ 高血圧


  高血圧が恐いのは、何の自覚症状もなく血管をむしばむことです。

  不摂生が続けば、血管はいずれ弾力を失い、使い古しのゴムホースのように、次第に硬化してゆきます。

  その過程で脳卒中、心筋梗塞、腎臓疾患など、合併症のリスクが年々増大してゆきます。

 

高血圧は大きく分けて「別の病気が原因の高血圧」と「原因がはっきり分からない高血圧」との2タイプがあります。そのうち約9割は、後者の原因が特定できないケースです。とはいえ遺伝以外にも、過食やストレス、運動不足など現代人が陥りがちな生活習慣との関連は明らかです。上がった血圧を一時的に、クスリで下げることは可能ですが、根本的な改善にはなりません。

 

安心堂ではまず食事・運動・睡眠など、ご相談者様の日常の生活習慣をご一緒に見直します。そして、主に中年以降で

血管の衰え防止や、血のめぐり改善を求める皆様には、いわば「転ばぬ先の御守り」として体質に即した漢方薬をご紹介させて頂きます。お仕事も、趣味スポーツも、生涯現役を目標に掲げる方も多く、健康意識の高さに頭が下がります。時代は少子高齢化。

 

流水不腐(りゅうすいくさらず)を信条に、皆様の末永い健康とご活躍を、漢方の底力で応援して参ります。

 

(3) む く み


 むくみは、皮下組織に余分な水分が溜まって起こります。全身的なむくみの他に、顔や手足など局所的なむくみもあります。水分の摂りすぎや、長時間の立ち仕事等で一時むくんだとしても、数時間でとれれば心配はいりません。試しに足のむこうずね(頚骨部)を親指で30秒位押し、中々元に戻らない時は、むくみがあるといえます。

 漢方で、むくみは津液(しんえき)の代謝異常と考えます。津液とは気・血(きけつ)と共に全身を循環し、組織を潤す体液のことです。むくみとは津液の流れが滞り、尿量も減少している状態です。

 

 漢方の五臓の中で、主に水分代謝を担当するのは「腎」です。加齢や過労によりこの腎が弱ると、むくみが生じ回復も遅れます。漢方の治療では腎の働きを助けると同時に、不要な水液の排泄をスムーズにする必要があります。むくみ体質の改善は多くの場合、成長・老化と関わる「」の立て直しが必要で、これは漢方のアンチエイジングの発想にも通じています。