〇 花 粉 症


 アレルギー体質の改善は、漢方の得意分野の一つと言えます。花粉症と言えばまずくしゃみ・鼻水・鼻づまりといった、鼻症状が思い浮かびます。鼻は呼吸器系の一部で、漢方では内臓の働きが反映される場所と考えます。中でも「肺」の働きが正常ならば、鼻はスッキリ通り、嗅覚も正常です。しかし何らかの原因で肺の働きが妨げられると、粘膜のバリアー力が弱まり、花粉を始め、様々な外敵の影響を受けやすくなります。

 

病は気からと言いますが、体表の気を充実させる為にはまず、肺(呼吸器系)と()(消化器系)を強めることが重要です。漢方で気とは、呼吸から取り込む清気と、食事の栄養とが合わさり作り出されます。丈夫な肺でしっかり呼吸し、元気な胃腸で栄養を十分に吸収できれば、花粉に負けない抵抗力が養われます。

 

安心堂では花粉症対策として、粘膜のバリアー力を高める(ぎょく)屏風散(へいふうさん)」を始め、目、鼻その他症状やタイプに合わせた専門薬をご紹介しております。花粉に負けず、季節の変わり目をよりスッキリ快適に! どうぞお気軽にご相談下さい。

 

→  漢方体験記 ❼ 花 粉 症