❾ -(1)頭 痛


 慢性頭痛のほとんどは緊張型です。痛みは片頭痛程ではなく、グーと締め付けられる圧迫感が特徴です。要因としてストレスや、筋肉の凝り等が考えられます。

 

  次に多いのが片頭痛で、女性が約8割を占めます。ズキンズキンとした拍動痛が、頭の片側、又は全体で起こります。 多くの場合、血管周囲の炎症や、異常な拡張が認められます。 

 

 漢方ではストレス、睡眠障害、目や鼻の病気、風邪、二日酔い等、まずは日常生活から頭痛悪化の原因を探し出します。そして体力や体質を見極めた上、血行不良けつ体質の改善薬等、各種専門処方をご案内しております。

 (まれに頭痛の激しさと病気の重さは比例しないこともあり、 いつもと違う頭痛と感じる場合は、一度医師への受診をお願いしています。)

 

 

❾ -(2)肩 こ り


肩がカチカチでおもりがのった様、痛くて首も回らず集中力がない…。頭と腕の重さを支え続ける肩は、常に緊張を強いられています。パソコンで同じ姿勢を長時間続け、背中と首筋が固まり、動こうとした瞬間、つい「あいたたっ」となるのは、中高年になれば珍しくもない話です。

 

 ストレスで交感神経の緊張状態が続けば、血管収縮により筋肉への血行も妨げられます。そして血液と共に酸素も十分に運ばれず、筋肉は酸欠状態で肩こりの更なる悪化という悪循環が生まれます。

 漢方では首の両側、首の後ろ側、肩甲骨~背部(脊柱の周辺)など、まず凝り易い部位を確認します。そして、姿勢の歪みや筋肉の状態、生活習慣等を参考に、経絡上けいらくじょう けつ 不足 滞り を推測します。

 

 筋や骨格等、運動器系のアプローチは勿論、漢方では根深い肩こりの原因を、体の内部(内臓のアンバランス等)に求めることも多くあります。体質や個人差を見極め、安心堂オリジナルの、肩こり専門処方をご案内しております。