❿ ‐(1)腰 痛


 腰という字は、にくづきかなめと書きます。文字通り、人体にとっての要で、立つ、座る、歩くなど基本動作の中心です。腰痛は人が二足歩行になった時からの宿命で、腰痛を経験せず一生を終わる人はいない、とも言われます。

 

さて、腰痛とは腰の痛みの総称ですが、原因の分かるものは、わずか15%にも満たないそうです。腰は5つの腰椎と、椎間板、靭帯、筋肉から構成されます。腰痛は、周辺に何らかの異常が発生して起こります。

 

 ご相談者様の中にはヘルニア、ぎっくり腰、脊椎すべり症、脊柱管狭窄症、骨粗鬆症などの診断を受け、現在治療中の方もおります。一方、原因不明の腰痛に長年苦しみ、痛み止めや湿布だけでなく、何か根本的な対策は無いものかと、漢方にたどり着く方も少なくありません。

 

 漢方では、腰や関節などの痛みを痺証ひしょう」と呼びます。このとは詰まって通じずといった意味があります。漢方では、けつの流れが滞る原因を、主に体の外部と内部の2つに分類します。外部要因として、例えば体を冷やし血行不良を招くふうかん湿しつじゃ などがあります。また内部要因としては、過労やストレス、慢性病等に起因する きょけっきょ腎虚じんきょ、又 けつ などがあります。

 

 痛みの悪循環を招く内外の要因を、総合的に判断し、痛み克服の一助となる漢方薬をご紹介しております。また、一般に慢性腰痛の場合、原因が複数重なり合うことも多く、漢方服用と併行し回復の経過を見ながら、食事・運動・入浴・睡眠など生活習慣の見直しを行っていく場合もございます。

 

 安心堂の漢方薬との出会いが、腰痛で苦しむ皆様にとって、力強い救いの一手となれば幸いです。